三歩進んで二歩下がる

日々感じた事の言葉日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

信頼

「信頼の代償は、求めすぎるあまり厳しくなること」


あれほど信じていたのに裏切られた・・・
古今東西、よく言われることです。

カエサルの明言「ブルータス・・お前もか」

私自身、信じるということは自身の責任ですから、一度信じたのであれば、信じた相手を罵るのは筋違いとも考えています。

信じるということの甘美性が強烈な香りを放つのも、信じるという行為の極限的人間性にあるのかと思うわけです。

人を人と思わないような人ほど、裏切るという行為に敏感になるのでしょうし、他人の裏切りという行為を許せないでしょう。

許せない故に、自分が信じたという責任を、相手の裏切りという非倫理行為に転嫁するのです。


とはいうものの・・・

人を信頼すればするほど、人に甘えるものでありますし、
人が自分をよく思っていると信じれば信じるほど、人のその想いは当たり前のものとして平然と構えるようになるものです。

自然、この人ならばこうしてくれるはずだと求めが高くなっていくようでもあります。
あの人は、自分のことを知っているはずなのにどうして・・?と。

外国に行くと、外人の失礼があまり気にならなくなったりします。
しかし、そんな中で遭遇した日本人が同じようであると途端に不愉快になります。
日本人なのにどうして・・?と。


ふと自分の身の回りを考えてみます。
自分と距離感を持っている人に対しては、存外に優しくなれるものの
近い距離にいる人に対して、それらを忘れてしまう事があります。

距離感というものが大切だなぁと感じる一方で、
人に厳しすぎる視線を時に送ってしまう自分がいることが、反省であります。

期待の裏側だと言ってしまえば聞こえは良いのですが、
自分の甘えも大きいのだと思います。

スポンサーサイト

言葉 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<知の挑戦 | HOME | 梅雨の憂鬱>>

この記事のコメント

自分と距離感がある人には優しくできて、近い人には…
とても頷いてしまいました。
2008-07-19 Sat 02:34 | URL | #icnPGB/c[ 編集]
>なほ

だから距離感って大事なんだろうねぇ。

写真を撮るにしたって、ピンボケしちゃ何も見えないしわからないし、見えすぎて困ることもあったりするし。
2008-07-20 Sun 23:46 | URL | master #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。